交通事故による弁護士費用特約とは


みなさんは弁護士費用特約という言葉をご存知でしょうか。

これは字の如く、弁護士費用の負担を軽減する意味ですが~もう少し、詳細に弁護士費用特約について触れてみたいと思います。

例えば交通事故に遭った時、「被害者-加害者」で示談交渉が行われます。

そして自分(被害者)に過失割合0%であった場合(相手方100%)、保険会社に委託して示談交渉することができないのです(=弁護士法)。

もちろん被害者は自分で示談に応じることもできるのですが、交通事故の場合、何かとトラブルが発生するため示談交渉が一向に進まないことが往々にしてあるのです(加害者が自動車保険に加入していない)。

そのような場合、被害者は加害者(相手方)と交渉する選択肢の1つとして弁護士に交渉を委託することができるのです。
(保険会社の代わりに弁護士に交渉を委託する。)

これを「弁護士費用特約」といいます。

一般的な弁護妓費用特約は、被保険者1名あたり300万円を限度として保険金が支払われる内容の委託交渉を行ないます。
(弁護士費用特約は年間、数千円程度の負担で付帯することが可能です。)

最後に、さまざまな弁護士費用特約ケースを明記しておきます(保険金で支払われる)。

・弁護士報酬(交通事故など)。
・訴訟費用。
・仲裁/和解、もしくは調停に要した費用。
・法律相談料。

ちなみに、弁護士費用の保険金がおりる保険会社/おりない保険会社があるので注意する必要があります。