交通事故による慰謝料~その種類について~


私たちが交通事故に遭ってしまい~被害者の立場になってしまった場合、当たり前のことですが加害者に対して慰謝料を請求することになります。
簡単に要約するとこれが慰謝料の意味になるのですが、もう少し詳細に慰謝料について触れてみたいと思います。
本来、慰謝料とは精神的苦痛に支払われる金銭(対価)のことをいうのです。
そして交通事故に遭った場合に支払われる慰謝料には、次の2つがあります。

「入通院慰謝料と後遺障害慰謝料」

○入通院慰謝料(障害慰謝料)…
交通事故によって身体に障害を負い、その症状が完治(固定)するまでの間、入院や通院をせざるを得なくなったことに対して支払われる金銭を指します。

○後遺障害慰謝料…
症状が治っても(固定されても)、身体に後遺症が残り続けることに対して支払われる金銭を指します。
(入通院慰謝料も後遺障害慰謝料も、精神的損害になります。)
ちなみに交通事故の場合、慰謝料ではなく示談金という言葉が頻繁に使われます。
一体、示談金とはどのような金銭を指すのでしょうか。

○示談金…
交通事故の損害賠償金として、相手方(加害者)から支払われる金銭を指します。
そして損害賠償金の種類には「慰謝料/休業損害」等々があり、それらを総称して示談金といいます。
上記に明記した内容が慰謝料といわれるものです。
精神的苦痛に対して慰謝料が支払われるのは、被害者にとって当たり前の権利ですが~どうせなら、交通事故には遭いたくないというのが本音だと思います(精神的苦痛を味わいたくない)。