交通事故に伴う弁護士依頼のメリットについて


交通事故を起こした時、これから起こり得るさまざまな交渉を弁護士に依頼するべきだと言われています。
しかし交通事故の交渉を弁護士に依頼することによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。
まず何といっても弁護士に依頼することによって、交通事故に関わる面倒な交渉ごと~煩わしさから解放されます。
(精神的/肉体的~そして時間的負担が減る。)
そして、きちんとした賠償金を勝ち取る可能性が大きいことが挙げられます。
(自分自身でした場合、相手方(保険会社)に良いように言いくるめられることもります。)
しかし、弁護士なら誰でも良いというわけではありません。
何故なら、弁護士といってもさまざまな分野があるからです。
例えば、国際紛争や企業紛争に強い弁護士に交通事故の依頼をしても意味がありません。
やはり、餅は餅屋で「交通事故に強い弁護士」に依頼することがベストなのです。
ちなみに交通事故に強い弁護士に依頼するにしても、ある注意点をチェックしてから依頼する必要があります。
それは弁護士に支払う報酬です。

○着手金~交通事故の賠償問題を依頼する際に支払う費用。
○報酬金~増額分の◯◯%など(例えば、獲得額の○○%になると費用もかさみます。)
○実費 ~実際にかかった諸費用。

上記に明記した報酬をきちんと決めていなければ、あとから大変な金額を支払うことになり兼ねないからです。
こうした報酬の注意点をチェックしたうえで、交通事故に強い弁護士に交渉を依頼することをお勧めします。